日が長くなり、まさに秋の夜長、という感じのこのごろ。

月が美しい季節でもあり、先日父は仕込みの合間に、夜な夜な赤城山まで月の写真を撮りに出かけていました。

秋と言えば炊き込みごはん!写真のようなお魚と合わせた、駅弁スタイル(?)のお弁当は、季節に限らず人気者。今週も、ぶりやカレイでお出ししています。秋らしい、澄んだ空気の中でのランチタイムにぜひ。

今週の木漏れ日ランチのオードブルは、お月さまのような金色に輝くオープンオムレツ。ズッキーニとハーブと共に、サラダを添えて。

メイン料理は、グリル・ド・チキンのとろけるモッツァレラチーズ トマトソース、真鱈とキタアカリのアクアパッツァ風 タイムの香りです。

デザートは、先週に引き続き、山形の洋ナシを使ったタルト。今週はアーモンドクリームに加え、全粒クランブルをたっぷりとのせて焼きました。サクサクの食感がたまらない!もう一つは栗のジェラート モンブランクリーム。こちらは、コーヒーシロップをしみ込ませたビスキュイをジェラートに加え、ティラミス風に仕上げてみました。

おめかしモンブランも好きですが、ここ最近のわが家のおやつは、シンプルなゆで栗。

ご近所の方にとっても上品で美味しい栗を頂き、スプーンですくって旬の素朴で贅沢な味を楽しんでいます。大地の恵みは、何よりのご馳走ですね!