盛夏を過ぎ、まだまだ暑いですが朝夕の風の涼しさや虫の声に、ほんのりと秋の訪れを感じる季節。季節はスイッチの on/off のようにパチッと切り替わるのではなく、少しずつ交じり合いながらゆっくりと変化していく様子がとてもやさしくて、自然のリズムならではだなぁ、と感じます。

今週8/25~28は、終わりに近づいてきた夏、鮮やかな夏の記憶を楽しむようなメニュー。

木漏れ日ランチのメインは、トマトやズッキーニ、パプリカなどの野菜をたっぷり入れたハンバーグ、夏野菜と合わせたアトランティックサーモンをお出しする予定です。鮮やかでカラフルな夏メニューをお楽しみください。

スターターは梨のグラニテ、オードブルにはひよこ豆のフムス、バターナッツのスープなど、少しずつ秋の気配を取り入れた内容に。

デザートは、先週に引き続きフロマージュ・ブランに黄桃のソースを合わせて。

おべんとうはさっぱり梅しそごはんに人気のからすカレイのみりん醤油焼きなど。夏の疲れにぴったりなネギ味噌を取り入れたメニューも考案中です。

お菓子はブラウンシュガーとくるみのタルト、かぼちゃのパイなど。

夏の終わりは少しさみしいけれど、実り豊かな秋の到来が今から楽しみです。だんだんとテラスが活躍し始める季節でもあるので、この時期ならではの気持ちの良い風を感じていただければな、と思います。

(写真は、お休みの日の朝ごはん。ごはん(お米)中心の和食の朝ごはんも大好きですが、パンの朝ごはんもまた幸せ。南仏のシャンブルドットを思い出してしまう)