冬に進むにつれ、木の葉も落ち、景色からは少しずつ色が少なくなっていきますが、ここ数年、野菜たちはとってもカラフルなものが増えました。

紫大根もその一つ。

普通の大根と同じように、どんな料理にも使えますが、上品な色を生かすには、やはり生のままで食べるのがおすすめ。

綺麗な色を楽しむことができる、簡単サラダを紹介します。

紫大根の皮を厚めにむき(歯触りをよくするため)、ピーラーで長く薄くスライス。水を張ったボウルに放ち、ざるに上げて水気を切り、ドレッシングをあえてできあがり。

とっても簡単!今回は和風にしたくて、梅酢とオリーブオイル、醤油を合わせたドレッシングにしました。しかしお醤油を入れると茶色く染まってしまうので、より色を綺麗に見せたい場合はフレンチドレッシングなどがいいかもれしません。ドレッシングに柚子の皮を刻んで加えてもさわやかで美味しいと思います。

ピーラーでスライスすると、薄いので食べやすく、見栄えも良く仕上がります。この大根スライスをさっと蒸してポン酢で食べるのもまたおすすめ!

寒くなる季節、カラフルな野菜でどうぞ彩りのある食卓を楽しんでみてください。