田んぼには黄金色の稲穂たち。周辺では稲刈りが始まっていて、たくさんの実りを受け取る季節が始まりました。

私もいつか田んぼをやりたいので、家族総出で稲を刈ったり、天日に干したりしている様子を見聞きしたりすると、なんだかとても豊かな気持ちになります。

自分たちの食べるお米をお日様の元、自分たちの手で作るって、この上ない喜びなんだろうな。

新米の季節と同時に食欲の秋も、到来。

毎年このころから、わが家の猫も丸くなっていきます。

食べ過ぎには気をつけたいけれど、せっかくの実りの季節!たくさん動いて、しっかり美味しいものを味わっていきたいです。

9月のランチコースもなかなか色とりどりでした。

いちじくの木が大きくなり、実を付け始めたので旬の梨と合わせて白バルサミコドレッシングのサラダに。

隣はサーモンとカリフラワーのマリネ。

シェパーズ・パイ(マッシュポテトとミートソースのグラタン)。本来は羊の肉で作るそうなのですが、ランチでは馴染みのある合いびき肉で。

やわらかチキンソテー フレッシュトマトソースとめかじきのレモン塩グリル。付け合わせの秋の根菜がにぎやか。

デザートも秋メニューでお出ししています。

秋といえば、栗。写真は「栗のムースとメレンゲのアントルメ」を試作中。

きめ細かく、しっかりとしたスイスメレンゲの丸型を三枚焼き、間にマロンムースを挟み、冷やしてから生クリームとマロンペーストで飾ります。

ムースの水分でどうしてもメレンゲがしっとりしてしまうのすが、メレンゲのサクサク感も楽しめるように、組み立てのタイミングなど、色々と工夫してみました。

もう一つは旬のかぼちゃを使った焼きプリン。「プリン」、というとカジュアルで、どちらかというと日常のおやつのイメージかもしれませんが、質の良い卵と生クリームで、濃厚リッチな味わいに仕上げています。

このほかテイクアウトのお弁当メニューも、新米と共に、次々と登場する秋の恵みを使った内容でお出ししております。

恵みの季節、どうぞたくさん味わっていただけますように。