雪の予報、寒い日々、わが家のごはんも冬野菜のクリームシチューやおでんといったあったかメニューが続いています。

そんな中、少しずつ日は長くなっていて、外に出てみると小鳥が遊びに来ていたり、木々が花を咲かせる準備を静かに始めていたりして、寒さの中にもかすかに春の気配も感じられるようになりました。

今週1月15日~のお弁当メニューは大人気、京芋のコロッケが登場。コロッケはご飯のおかず、というよりはそのまま食べて楽しむ方が多いと思うので、ごはんは味ごはんでご用意しております。

里芋とも違う、力強いほっくりとした美味しさを楽しんで頂けたらな、と思います。

そしてコロッケメインのお弁当とは別に、「照り焼き豚バーグ」にもこの京芋コロッケが付け合わせに。こちらはカジュアルなクラフト素材の1ボックスタイプのお弁当容器でお出しします。

もう一つのおすすめは2色のソースのオムライス。ピラフをトロトロの卵で包み、オニオントマトソース、エビクリームのソースの2種類で。1つで2度美味しいオムライスです。

その他、定番人気の「ハンバーグデミソース」、新鮮なイワシをさばいて作った「手開きイワシのソースフライ」、

お魚&味ごはんシリーズには「黒豆ごはんと大分ぶりのみりん醤油焼き」、そして隠れファンの多い「サーモンの麹味噌マヨ焼き」。こちらも今週は黒豆のごはんでご用意いたします。

ランチコースメインは、「根菜グリルとバルサミコチキン」と、「長芋のじっくりオーブン焼きと宮城県産めかじきのグリル」。

外が寒い分、季節を感じる温かなお料理と、ほっと気持ちが安らぐような時間ををお楽しみいただければ、と思います。


お家時間第二弾、ということで私も日々の生活を整えることに。子供のころから使っている自室の壁を塗りなおすことにしました。

始めは壁紙を張り替えようと考えていたのですが、なかなか慣れないと難易度が高そうなので、お店のリフォームで何度も経験したペンキ塗りをすることに。

20年以上も経つ部屋なので、黒ずんでいたり、シミがついたりしていたのですが、塗りなおすことで、かなりスッキリ、空間が広くなったように感じます。

部屋の雰囲気を変えたいとき、気分を一新したいとき、壁やカーテン、ベッドカバーやシーツといった、面積の大きい部分を新しくするのはすごくおすすめ。はっきり目には見えなくても、長い月日の間に積み重なった、汚れやその他さまざまなものが取り払われるので、想像以上に効果が大きいです。

人に見られない場所ほど後回しになりがちだったりしますが、普段自分が身を置く場所、寝起きする場所を綺麗に整えておくのは、外に出たときの自分の空気感や雰囲気にも影響を与える、と感じます。

家での時間が増えるこの時期、気持ちのいい生活、理想の生活を思い描いて暮らしの中で形にするのも、楽しいかもしれません。