2020 年の瀬ランチコースメニュー

~Entrée froid 冷たい前菜~

片品にんじんとカリフラワーのピュレ

サーモンとアボカドのマリネ

アンディーブ・ボート ホタテのサルサ

~Soup スープ~

海老とトマトのビスク風スープ

~Entrée chaude 温かい前菜~

京芋のニョッキと下仁田ネギのベシャメルソースのオーブン焼き

サーモンとズッキーニのロールグリル

季節のスチーム野菜

~Plat メイン~

A. 上州豚ロース肉のポットロースト 赤ワインソース 紫大根のコンフィ

B. 宮城県産めかじきの香草パン粉焼き ポム・ドーフィノワを添えて

~Dessert デザート~

ガトー・モカ

ラ・フランスとフランボワーズのムース、柚子のメレンゲのグラスデザート

~Drink お飲み物~

コーヒー/紅茶/有機ほうじ茶


ご来店いただいたみなさま、ありがとうございました!

12/22~12/25も引き続き年の瀬ランチコースメニューで営業いたします。(メニューは多少の変更がございます)

一年の締めくくり、どうぞゆったりとお楽しみいただけますように。


~お菓子こぼれ話~

今年の年の瀬ランチコースのデザートでお出ししているガトー・モカは、口溶けなめらかな発酵バターを使ったコーヒークリームとアーモンドのスペシャルケーキ。

今年の春、バタークリーム大好き!な母の誕生日のお祝いに始めて作ったのですが、ものすごく感激し、気に入ってくれて「次の誕生日もこれで!」とリクエストをもらったケーキです。

バタークリームは、卵をもくもくに泡立て、熱々に熱したシロップを少しずつ加えて合わせた「パータ・ボンブ」と呼ばれるものに、ポマード状にしたバターを合わせたクリーム。温度管理にコツが必要なのですが、昨年参加した代官山の製菓夏期講習で習得したことで、お菓子のバリエーションが広がりました。発酵バターを使い、香りよく、すっとした口溶けに。

新鮮な卵で作ったジェノワーズ(スポンジ)とコーヒーシロップ、モカバタークリームを重ねます。

表面のクリームをサントノーレ口型で絞ると大人っぽい印象に。

濃厚そうに見えますが、甘さ控えめで、意外にも軽い印象です。

側面にカラメリゼしたアーモンドをまぶして仕上げ。このカリカリ感が食感のアクセント!

表からは見えませんが、ケーキの一番底のクランブルとチョコレートを合わせた「クリスティアン」と呼ばれるクリスピーな土台も、なめらかなクリームの中に楽しい食感。

私の愛しきお菓子の作業場。向かいでは日々母が料理や仕込みをしています

ハイリッチなガトーモカ、料理と同じく来週も最後まで丁寧に作っていきたいと思います。